30代最後の日....

  • 2017.12.11 Monday
  • 16:07

久しぶりに毎日どこかしらが筋肉痛になってる生活をしている。

普段から筋トレはやるがここまでやるのはほんと久しぶりだ。

明日で40歳になるがまだまだ力ではそこらの若いもんには負けない自信がある「笑」

ちょっとサボるだけで今まで楽に上がってた重量が上がらなくなる程、筋力の低下は早い...

ヘビが重くなってるのもあるのは確かだが自分の衰えが重く感じさせてるのは間違いないだろう「笑」

 

つまらん話はこれくらいにして....

 

最近、自分の油断、不注意で4mのアミメに巻かれてしまった。

 

ブタを与えた瞬間に尾から半分程度が外に出てしまったので中に押し込もうとした一瞬で巻かれた。

かなりガッチリ巻かれたがまだまだこの程度のサイズ...自分なら1人でも十分に外す事は出来るんだが...

予想外に噛みつき締めてるブタを離してこっちに口を開けたまま向かってきた...

こーなると面倒だ..片腕は巻かれてる状態なので巻かれてない方の手を使い衣装ケースのフタで向かってくるヘビの顔をガード。

ここで1番大切なのは焦らない事だ。

こればかりは経験だが焦って判断を間違えると大変な事になる。

巻かれてるのを先に何とか外そうと考えるのはダメだ。

噛まれてしまえば更に巻かれる事になる。

もちろん巻かれてる場所にもよるが腕程度なら問題ない。

むしろ噛まれたダメージの方がデカくなる。

しばらくこっちに向かってくる顔をガードしてれば頭の良いアミメは餌じゃないと判断して自ら巻いている部分をスルスルと離す事が多いし今回もそーだった。

 

ここに関してはビルマの方がしつこいかな。

自分の経験上の話しになるが。

 

*とはいっても状況は色々だからこれが正しいは無い。

大型個体は人をも簡単に殺せるって事を常に忘れず接する事だ。

 

最近は大型個体を買取、販売してるショップもあるが。

初めて飼育する人が大型個体なんてのもよくある話しだというからビックリだ。

扱いになれてない人間が3m前後のアミメを飼育して死ぬ一歩手前までいった例もある。

大型種を扱うには触らずに飼育出来る環境を作るか自分が負けない筋力をつけるかだ。

こいつはいくら自分が筋力をつけても到底勝てる力は無いから触らなくてもメンテが出来る環境を用意してる。

餌をあげる時ですらかなり気をつけてる...

もし今回の一件がコイツだったら...このブログは書けてないだろうな...「笑」

 

まぁ〜何があっても飼育者が自分で対処するしかないのだが...これを読んで参考になったと言ってくれる人がいれば良いと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

profile

search this site.

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM